マインドフルネス心理療法

【無料相談会のお知らせ】

トップページ
マインドフルネスとは
マインドフルメイトとは
無料相談会詳細
お申込みフォーム
セッションのお知らせ
ブログ
Q&A
安心サポート
体験者のコメント

************************

【マインドフルメイトでセッションを終了した方の体験談】

私がマインドフルネスに出会って感じた事
神奈川県
K.Aさん(男性) 
60代 うつ病

2012年8月〜2013年5月
セッション10回終了


【2013年7月】
私がマインドフルネスの事を知ったのは、昨年8月頃でした。私の体調が余りにも悪かったので困り果てた妻が、どこで見つけて来たのか、こんな話があるんだけど一度相談に行って見ない。と言ってきたのが出会いの始まりでした。この頃の私は、死ぬ事ばかり考えていて最悪の状態でした。実際に首を吊ったことも何回かありましたが、いずれも失敗に終わりました。その後何度となく車や電車に飛び込もうとしましたが、まだほんの少し生きたいという気持ちが残っていたのか、全て直前で足が止まってしまいました。また、この頃は症状が不安定で薬の種類や強さも頻繁に変わりましたが、症状が良くなって行く兆しはありませんでした。毎日、訳の判らない事を言い、みるみる痩せて行く私を娘は少しづつ避けるようになり、いつの間にか全く顔を会わせる事が無くなっていました。妻はすっかり困ったのか私が嫌がるのも無視して、佐藤先生に電話で相談の約束をしてしまいました。約束の当日も、全く行く気になれずもんもんとしていたが、妻の気迫に負け電車に乗りました。相談のあと、講習があると言うのでとりあえず受けて行く事にしました。しかし私の頭は全く機能をせずただそこに居るだけの状態でした。帰りに妻が少し続けて行く事を何度も勧めたが、私は決して首を縦には振りませんでした。しかし、夕食の時、妻の悲しそうな顔を見て、やるだけやって見ようと決めました。この事が今後、私を飛躍的に変えて行く第一歩になろうとは全く想像もつきませんでした。そして、セッションのトレーニングが始まりました。つらい症状の中でのトレーニングだったので、何をやっているのかも判らず、返ってやる事に強いストレスを感じてしまい最悪でした。家の中でゴロゴロしたり、よからぬ事を考えたり、絶望感でいっぱいでした。ただ、そんな中でも呼吸法と自己洞察だけは、やっていると不思議な事に自分の気持ちがとても落ち着きました。セッション2の後半になると、呼吸法と洞察法が自分のつらい症状をかなりのスピードで回復させているのが、はっきりと判りました。この頃には、全く外に出る事が無かった私が少しづつ外に出るようになりました。しかし、相変わらず症状は安定せず、絶えず波が起きてきていました。こんな時は、どうしていいか判らず、とてもつらい思いをしていました。セッション3.4.5になると、別人になったように急回復して行きました。それは、回りの人にも、はっきりと判る程でした。問題を起こす火種となっていた、私の言葉使いや態度も少しづつ、とげがなくなり丸くなって行きました。呼吸法も60分間も出来るようになり、自信を持って課題に取り組めるようになりました。セッション6からは更に日を追うごとに、自分が変わって行くのが判りました。呼吸法も70分間まで延びました。僅か10分間延びただけですが、症状の回復に大きく影響したと思っています。呼吸法もただ漠然とやるのではなく、今、呼吸法を行っていることを、しっかり意識することです。たったこれだけで私には大変効果があがったと思っています。呼吸法と並んでとても効果的だったのは、自己洞察法です。常に自分の心の中をチェックし、今、どんな作用が働いているか、内容は何なのかしっかりと観察し、知る事で自分の取るべき行動が見えてきます。この頃には、いろいろな人と出会いたいとか興味や仕事もやってみたい等何かにチャレンジしたいと言う気持ちが起きてきました。ただ不安もあります。あまりに急に大きな変化が起きる事で、ストレスがたまり、症状が悪化するのではないかと言う事です。しかし、私はあえて自分を追い込んで見る事にしました。定期的に友達と会い、好きな将棋も始め、吹き矢のサークルにも入り、シルバー人材で仕事も始める事にしました。すでに3ヶ月目に入りましたが、毎日がとても楽しく、適度な緊張感もあり、大変充実しています。ただ、今迄の自分と同じだったら長続きしない事は判っていますので、自分なりに決め事を考えました。内容は
(1)楽しむと言う気持ちを忘れない。 (2)勝負にこだわらない。 (3)謙虚な気持ちを忘れない。(4)口論は避ける。 (5)感謝の気持ちを忘れない。
この5つが守られれば、対人関係が悪くなる事は先ずないと思いました。これで、皆さんとうまくやっていけますし、長続きさせる自信につながります。うまく行けば症状の改善にもつながります。マインドフルネスの手法をプラスする事で、より効果がアップします。実際に、今の所充分効果が出ていると思います。毎日の生活にも張りが出てきましたし、とても明るく積極的になったと思います。他にも、良くなった事はたくさんありますが、特に今迄できなかった事が出来るようになった事が一番嬉しいです。自分で言うのもおかしいですが、本当に大変な思いをして、努力して来たと思います。とんなに体調が悪くてもトレーニングを休んだ事はありません。必ず病気を治すという強い気持ちだけはずっと持ち続けていました。私は毎日生活していてイライラや不快な気持ち、そして感情的になった時が要注意だと思っています。すっと流せればいいのですが、いつまでもこだわり続けてしまい、まるで別人になったように何かに支配され言葉使いや態度が豹変してしまいます。私は、こだわる事によって自分の考えや行動が左右されてしまっているのではないかと思っています。今後の生活の中でも、こだわらないように意識して見ようと思っています。最高の改善策になるかどうか・・・。
私はマインドフルネスに出会えて、とても幸運だったと思っています。4年間、良くなたり悪くなったりを繰り返していた私。ともすればこの世に居なくなっていたかもしれない私。そんな私を懸命に良くなる方に導いて下さいました佐藤先生やスタッフの皆様に心から感謝しております。また、4年間もの長い間私の病気と向き合い、何とか治そうと努力をして下さいました精神科の先生にも感謝しております。最大の功労者は妻かも知れません。私と共に悩み、苦しんでくれた妻。何とかしようと、いつも一生懸命になってくれた妻。そんな妻に心から有難うと言いたいです。また、道半場ですが、これからも多くの人に支えられながら完治に向けて、更なる努力を続けて行きたいと思っています。長々とよく判らない文章になってしまいましたが、自分が思った事、感じた事を率直に書かせて頂きました。今、受講されている皆様の症状が良くなって行くことを心から祈っています。佐藤先生、そしてスタッフの皆様、本当に長い間ありがとうございました。

★お寄せいただいた体験談をそのまま載せています。回復のスピードは個人差があります。
この方は、完全にマインドフルネス療法を身に付られ、現在完治に向け実践を続けらています。


「完治」を目指すマインドフルネス 東京 M.Oさん(女性)  非定型うつ病
  2012年1月〜2012年10月 セッション10回終了
【2012年10月21日】
引越しを機にうつ病になって13年。結婚してからの半分以上をこの病気と戦いながら過ごして来ました。 発病当初は「大うつ病」だったと思いますが、途中「非定型うつ病」に移行していったように思います。思います・・・というのも、非定型うつについては医師から診断されたわけではなく、マインドフルネスのことを調べていくうちに、「鉛様麻痺感」や「拒絶過敏性」、「過食」「過眠」といった「非定型うつ」の症状がことごとく当てはまって、ばらばらの病気だと思っていたものがひとつにまとまり、「そういうわけだったのか」と納得したのです。そもそも医者もいろいろで、勉強不足だったり、古い治療法のままだったりする人もいます。 医師には「一生薬は飲み続けないとダメ」と言われており、月に1回通って「調子はどうですか?」と聞かれ、「調子がよくない」と言えば、薬の量と種類が増えるだけでした。このままでは良くならないだろうな、と思いつつ、他にどうしたらいいかわからないまま結果的にここでずいぶん多くの時間を無駄にしてしまいました。その後「認知行動療法」のことを新聞で知り(それまで通っていた医師はこの療法に非常に懐疑的でした)、この療法を行っている別の医師のもとに5年通い、症状も落ち着いてきて、最後は半年かけて減薬、断薬、「寛解」となりました。信頼できる医師に出会えたと思いますし、認知行動療法もとてもいい療法だったと思います。実際状態も良くなって、一生飲み続けると言われた薬もやめることができたわけですから。ところが「寛解」は「完治」とは違うのですね。「プロ」と一緒だとできる「認知の歪みの修正」も、いざ一人きりになってみると、「大きな出来事」にはとっさに対応できず、「気分の落ち込み→鉛様麻痺→寝込む」というサイクルに再び陥り、1年もたたないうちに「再発の不安」が出てくるようになりました。
そんなときに出会ったのがマインドフルネスです。
 始めてみると気づくことがたくさんありました。自分がこんなにも1日中、朝起きてから寝るまで考え事(それもマイナスなこと)をしていることにまずびっくりし、(私の場合、ぼーっとしていると思っていた時間のほとんどが考え事で埋まっていました)こうやってストレスホルモンを出し続けているから治らなかったんだ、このままだときっとまた再発するだろうと理解することから始まりました。最初はスムーズに進んだかに見えた課題も、セッション5くらいからは課題を消化しきれず積み残した感じのまま、セッション8まではただ出された課題をこなすだけでした。自己洞察が深まらないことを気にしていましたが、佐藤先生からは「呼吸法をしていれば、あとからついてくるからあせらない。気にしない」とアドバイスをもらい、とにかく途中でやめないで最後まで続けること、を当面の目標にしました。セッション10を終了して、わかるようになったことはたくさんありますが、正直まだ残っている症状もあります。でもそこだけにこだわらないようにもなりました。時間はかかっても症状は徐々に消えていくだろうとわかったからです。昔息子が通っていた塾の先生の口癖が「わかると出来るは違ーう!」(だから繰り返し練習せよ)というものなのですが、私の場合「一通り道具は装備した。使い方は覚えたがまだ使いこなすまでには至っていない」状態なのでしょう。マインドフルネスはとにかく自分のものになるまで繰り返し、繰り返し練習をします。先生の言っていることもある程度セッションが進んでからは多分毎回同じこと(多少は変化しつつ)だったと思うのですが、ある日突然すっと耳に入ってくることがありました。これが「腑に落ちる」ということなのかもしれません。わかるようになった今は、出来るようになるまでまだまだ油断しないで続けていくことが必要だと思っています。
最後に、私の場合マインドフルネスについては実際によくなった人から教えてもらったので、何の不安もなく始めることができましたが、予備知識もなくこの療法に出会っていたら、もしかすると始めていなかったかもしれません。マインドフルネスの認知度が上がって、この療法を始めるハードルが下がり、1日でも早く良い方向に向かう人が増えることを願っています。

★マインドフルネス療法を身に付け、症状が緩和され現在完治に向け実践を続けらています。




************************

マインドフルネス心理療法
 非営利型一般社団法人
 マインドフルメイト

 特定非営利活動法人
 マインドフルネス
 総合研究所認定

・自殺防止・うつ治療の
 心理相談員:佐藤福男

メールアドレス
info@mindfulmate.jp
電話:080-2213-3802

【ボランティア募集中】

このページの上へ